タイの想い出 ~ 初めてのタイ サバーイとマイペンライ ~

タイドナルド『 タイ式マッサージを覚えるんだからタイだろ 』 という単純な考えでバンコクへ、
それが初めてのタイでした。

それまでにアジア圏へ旅行をしたことがなく、タイの知識もまったくなく
タイに限らずですが、
アジア圏へ旅行した人の体験は、あまりよろしくないウワサが多いので
恐れをなして旅行会社に頼んで勉強の後にとる数日のバケーションを含めた日程と希望を伝えてホテルとエアチケットを手配してもらいました。

手配が完了するまで、空港~ホテル間の送り迎えが付いてくるとは知らずラッキーでした。
その人たちとのひと時もまたよい思い出になってます。

スワンナプーム空港から高速を使って約30分、
初めてみるバンコクの街並み。。その時に感じた印象は今でも忘れません

新しい建物、
爆破されたみたいに崩れおちている建物、
発展途上と先進の混在、
人の活気、
無秩序、。。
カオス、 それが印象でした。
頭の中では 『 One night in Bangkok 』 が流れ続けてました(年代がバレバレですね)

朝、ホテルからスクールへ向かう道すがらただようもの、、、
それは、屋台から流れてくる食べ物の匂い、活気づきはじめる街のようす、
ドブの匂い、ゴミの匂い、、こう書くとひどいですが
でもタイ人たちがつくりだす雰囲気にどこか懐かしいものを感じ悪い気はしなかったです。

マッサージのトレーニングコースを気合で1日縮めて終わらせ、
その1日を、お寺へ行ったり屋台のごはんを食べてみたり、とバンコク三昧の日としました。

次の日はバケーションとして選んだところ 『 クラビ 』 へ行く日、
チェックアウトしてホテルの前で迎えを待っていました。

待てども待てども現れず・・・
クラビへはバンコクから飛行機で行くことになってたので、ヒヤヒヤでした。
待つことおよそ30分、現れた二人組のタイ人。でこぼこコンビでした。
『 スミマセーン、車が壊れちゃって乗り換えてきました 』
大丈夫か・・・。

まあそれでも時間には余裕があったので良しとしよう。。マイペンライ。。
空港へはすんなりと着きました。
しかし、しかし、、

『 ここですねえ~、ここに並んでてください。 』
『 どうでしたかタイは~ 』 なんて、でこぼこコンビと話をしながら、
とチェックイン待ちのラインにならんでいた。

なんか様子が違う気がする。でもでもマイペンライ。。

やけに待たされていたので、でこぼこコンビのひとりが
『 ちょっとチケット見せてクダサイ 』
なんていうので見せたら、
『 あっ違ったここじゃない。 ここ日本へ戻るところ。 』 だって。
え~!!! マイペンライじゃないの!?
『 みなさんすぐ帰るから間違えちゃった。 』
『 飛行機は大丈夫。 ここはタイだから時間通りに飛ばないから 』
って、動じずにタイ人が言うかっっ!?

まあでも彼の言うとおり間に合ったので良しとする。マイペンライ。。
文化の差を思い知らされました。。

* マイペンライ。。
タイの言葉で、 『 大丈夫・問題ないですよ 』 の意味。
タイの人たちは本当にこの言葉を良く使います。
なんでもかんでもマイペンライ。
気にせず、さーっと気分転換しちゃう。
みならおう。