ハワイアンの知恵

ALOHA! 

Lanika’aina の HIROZ です。

ビッグアイランドでのワークショップ最終日の朝にクムカヒ岬へ行って日の出の儀式をしたあとに同じカポホ地区にあるシャンパンポンドへみんなで泳ぎに行ったときのことです。

ひとしきり楽しい時間を過ごし、戻る時間になって水から上がる時に
水中の岩の上で足を滑らし左足親指の皮がべろんとむけるケガをしてしまいました。

ケガした瞬間はあまり痛みを感じなかったから、引っ掻いたように赤くなるだけだろうと思ったのだけどいざ水からあがると、かなり出血してきました。

足のケガだからなかなか血もとまらず、もらったテッシュなどを当てていてもすぐまっかっか。
少しじんじんしてきました。

シャンパンポンドから乗ってきた車に戻ると、運転してくれてた、Pa Ola Hawaii のメンバーのひとりが車から Kamani oil(カマニオイル) を取り出し塗ってくれました。(そのうえから絆創膏を貼りました)
『 もう大丈夫 』 ということ。。 たしかに痛みも和らいできた。。

戻ってきて最後のクラスが始まる前に血でまっかっかになったバンドエイドをもう一度取り替えようとしたときにさらに別のメンバーが、同じように自分の車からオレナ(うこん)をアロエの汁でといたものを用意してくれてWSの主催者ケイコさんが塗ってくれました。
この時は厚めのガーゼのようなものを巻いたので一日もちました。

夜シャワーをあびたあとに、またオレナアロエをお願いしたところ、こんどはアロエの薄切りを患部に貼りつけてくれました。
まるできゅうりの薄切りみたい。。フフフ。。。

彼いはく、
ケガの直後はオレナ(うこん)、
そのあとはアロエノニ(それにたぶんカマニ)などが良いそうです。
オレナ殺菌作用アロエノニ細胞の再生作用が強く、
ケガしたらまず砂や石や土・泥など余計なものをきれいにあらってオレナ
そしてアロエノニと言っていました。

驚くほど早くよくなり、次の日には強く踏み込まなければ痛くないくらいまで回復。
すごいなあ、ハワイアンの知恵植物のチカラと感心しました。

ケガをして2日目くらいからは、持っていたノニジェルを塗って絆創膏ですごしました。

そういえば友人もケガをしたときに(アーユルベーダの知識だと思うけど)
ターメリックをキズにすり込んで治していた。
もの凄く痛いけどやっぱり回復は早かったと言っていた。
僕の場合はアロエ汁も混じっていたせいか少ししみる程度でした。

どこの国の文化でも古くからきちんと受け継がれているものは確かなものなんですね。

レイキを実践するようになって、あらゆるケガへの対処はレイキで済ましていて、
やっぱり同じように痛みの緩和や回復の早さに驚かされていました。
カマニを手に入れるのは大変そうですが、
うこんアロエなら日本でも比較的手に入りやすいことだし
もしケガをしてしまったら今度はレイキだけじゃなく植物のチカラを頼ってみようかな。

自然を感じて。
こころからALOHAをこめて。

ラニカアイナ HIROZ

hiroz

 こころの癒しやケアが必要だと感じたら
ラニカアイナの幸せになる 『 セラピーヒーリングセッション 』
http://lanikaaina.com/healing/

Nana のブログもどうぞ♪ 
『 今の自分が一番好きになる! 民間心身療養所 ラニカアイナ Nana のブログ 』


人気ブログランキングへ

身近に癒しを!! HIROZ のソロプロジェクト『 ALOHA LIFE 』 もどうぞ
『 ALOHA LIFE 』

スピリチュアル情報サイト 『 トリニティウェブ 』 にて HIROZ のコラム
『 ALOHAをつむぐ わたしがわたしでありますように 』 絶賛連載♪

vol.2 〜ハワイと太陽とスピリチュアリティ〜 http://www.el-aura.com/sunrise_20151012/
vol.1 〜みんなもっているALOHA〜 http://www.el-aura.com/lanikaaina1/

気に入ってくれたら 『 いいね! 』 やシェア、おねがいします♪