類まれなる着眼点を持つカメラマンとヒ-ラーの共通点

ALOHA!

昨日は、ハワイ系ロミ仲間にクリスマスパーティーによばれ参加させていただきました。

仲間の旦那さんがカメラマンなので集まったひとの多くは
職業でやっていたり趣味でやっていたりのカメラマンたちでした。

こんなにたくさんのカメラマンのなかにまじったのは初めて。。
あまりカメラマンの知り合いがいないので、というか皆無なので
『 カメラマンってこんなふうな感性なんだ 』 っていう、新鮮な気づきがありました。

      ************

ある人(A さん)と話していた時のこと。。。
A さんに、
『 B さんと HIROZ は組んでなにか出来そうだね 』 と言われました。

いまいち何のことやらピンとこなかったんだけど
A さんいはく、
ふたりとも 『 目に見えないもの 』 を扱ったり対象としていいるからだそうです。

B さんのことを、 『 人の内側をとらえようとしている人 』
HIROZ のことを、 『 人の内側をケア(あつかって)している人 』 と言っていました。

それを聞いてすごく嬉しくなりました。
HIROZ と Nana がやっていることの本質の部分をわかってくれたからです。

ヒーリングサロン、特にボディーワークにたずさわる人は
ただ単に 『 身体のみを対象としている 』 と思われがちです。
実際そういうスタンスで取り組んでいるヒーラーもいらっしゃると思うし、
どちらがいいかなんて HIROZ にはわかりません。

ただ HIROZと Nana は、
身体の不調や病気などは、
感情や気持ちなど、つまり人の内側の状態のバランスが崩れたり異変などが蓄積されて
外側(身体)に症状としてあらわれてくると考えています。
内側が外側の状態を作っているのです。

そこにはっきりとした証拠や因果関係を見つけることは難しいかもしれません。
でもそんなことは気にしません。
なぜなら事実がこのことを証明してくれているから。

HIROZ は以前
病気などあらゆる疾患の原因が
『 ストレスですねー 』 と言われることが多くなり始めたと感じた頃に、

『 なんでもかんでもストレスのせいにしやがってー 』 と思っていたこともありました。

でも癒しにたずさわるようになって考えが一転し
気持ちの問題が体に現れるんだなあ、ってつくづく思うようになりました。

たき火に例えると
(風邪)を点けたのは(ひいたのは)、
マッチとかライター(ウイルスや菌など)かもしれません。

でも、たき火をしようとして、
たき火の材料を(風邪をひく条件)集めたり、(身をさらしたり放っておいたり)
着火するにいたったのは(風邪をひくにいたったのは)
本人の気持ちです。(風邪をひくまでそれを放っておいた本人の気持ち)
その人の心の状態なのです。

内側をきちんとケアしていれば、心身ともに格段に健康になると信じています。

      ************

話が少しそれて長くなったけど、
カメラマンというのは、
視点、というか着眼点が違うんだなあって思いました。

ちなみに B さんと話していて
という言葉は使わなかったけど、
彼は、みたいなものをとらえようとしているのかな、って感じました。

余談だけど
プロにしろアマチュアにしろ
好きなことをしている時やその話で盛り上がっている時は
みんな楽しそうで輝いていますね♪
年齢不詳者の共通点かな。。

楽しいパーティーでした♪

自分を大切にしなきゃね。。

こころからALOHAをこめて。

ラニカアイナ HIROZ